副業 20 万 以上の問題点とは何か?確定申告は必要か

今の時代、会社からの給料も増えないし、ボーナスも貰えない人が増えています。

収入が少ないのに、自分で使える小遣いが増えるはずがありませんよね。

それでは、他に収入源を確保するしかありません。

そうです、副業で稼ぐしかありません。

しかし、副業でどれ位収入があったら税金が掛かるのか?

直人
副業をするのはいいけど、労働時間が短いのに税金を払わなくちゃいけないのかなぁ?
雅美
そうよね、副業20万の壁とかは良く聞くけど・・・

詳しい事は知らないわ。

直人
本業以外に、20万円以上収入があると税金が掛かる事は俺も聞いた事あるよ。

それじゃぁ、副業をする上で税金がどれ位掛かるかや、確定申告の事も気になるからその辺を調べてみるよ。

皆さんの中には副業をする時に、最初の内は税金払いたくないから収入を年間20万未満に抑えようと考える人もいるでしょう。

しかし、その事について詳しく知っている人はあまりいませんよね。

今回私が、副業で20万円以上稼いだ場合、税金は本当に掛かるのか?

また例外はないのか?

など副業をする上で必要な税金の情報を調べましたのでご紹介します。

副業20万円以上の問題とは?

副業で稼いでもいくらまでなら税金を払わなくていいのか気になる所です。

それに本音を言えば、できれば税金を払いたくと思いますよね。

結論からいうと、副業で20万円以上稼いでも、税金を払わなくてもいい場合もあります。

実は収入金額なのか所得金額なのかで変わってきます。

直人
副業20万円ぐらいじゃ小遣い稼ぎにならないよ!
雅美
なんで、十分小遣い稼ぎしてるじゃない?
直人
だって、年間の収入で考えてみてよ。

20万円/12か月=1か月の収入が16,666円だよ!

頑張った見返りが少ないよ・・・

それに、この金額に税金が掛かるから更に減るんだぜ。

雅美
贅沢しなければお友達とランチも行けるし洋服も買えるから十分じゃない。
直人
そうかもしれないけど、俺の理想の休日を実現するためには副業で20万ぐらい稼ぐのではなく、50万円以上の副業をやらないと駄目だな。

俺としては少なくても3万円から5万円は毎月の小遣いとして欲しいんだよ。

そうしたらランチ以外にも友達とも飲みにも行けるし、自分の趣味のために使う事ができるようになるんだ。

雅美
もし、直人の言うとおり副業で50万円稼いだら税金はどうなるの?
直人
例えば、オンラインショップ(ヤフオク、メルカリ等)で販売して100万円の収入があったと仮定するよね。

それに係る原材料費やネット環境等の管理費で85万円だとしたら、どれくらいの税金がかかると思う?

雅美
税金の事なんて私よく分らないわ。

調べた事を詳しく教えてくれる。

売上と所得の違いを理解しましょう!
売上は、お客さんからもらった収入金額で、所得金額は、売上から経費を差し引いた利益のことです。

収入金額と所得金額の違い

副業で稼いだお金が100万円なら、それは単純に収入金額です。

一方、稼いだお金が100万円で、この収入を得るために掛かった支出(経費)85万円、差引金額(利益)が15万円で、最終的に残ったお金(利益)が所得金額です。

税法上、収入金額ではなく所得金額が20万円以上なのかどうかを見ます。

ただし、収入や所得金額は所得の種類によって計算方法が変わるので注意が必要です。

サラリーマンは給与所得者なので、毎月の給与や賞与といったものが収入金額となり、その後、給与所得控除を差し引きされたものが所得金額となります。

給与所得の他に、副業でハンドメイドで作品を作って販売したり、オンラインショップで稼いだお金は雑所得となり、アパート経営等で稼いだお金は不動産所得なので、副業で20万円以上の所得がある場合は課税対象なので確定申告が必要です。

副業20万円以上で確定申告が必要?

雅美
収入金額と所得金額は理解できたけど、確定申告ってそもそも何なの?
直人
その年の税金を確定させて、納付するシステムだよ。
雅美
私は、会社員だけど今まで確定申告なんてした事ないわよ。
直人
そうだね、基本的にサラリーマンは、会社が年末調整をするから確定申告をする必要はないけど、本業の他に給料を貰っている人は確定申告をしないといけないんだよ。
雅美
本業以外に給料をもらっている人・・・?
直人
例えば、本業をしながら副業をしている人がそうだよ。

この人たちは確定申告が必要なんだ。

確定申告とは?

確定申告は、その年分(1月1日~12月31日まで)の収入金額と必要経費を差し引きした所得から、いくら税金がかかるのかを計算し、納付するシステムです。

そしてサラリーマン以外の事業者の方は、一年間の成績表を作成した後に3月15日までに納付するシステムです。

サラリーマンの人は、給与所得なのでほとんどの人が会社が年末調整によってその年の税金を計算して納付しているので確定申告は必要ありません。

しかし、給与所得者でも確定申告が必要な場合もあります。

給与所得者でも確定申告が必要な人
  1. 給料が年間2,000万円を超える人
  2. 1か所から給料をもらっている人で、給与所得及び退職所得以外の所得金額合計が20万円以上の人
  3. 2か所以上から給料をもらっている人で、主たる給与以外の給与収入と給与所得及び退職所得以外の所得金額の合計が20万円以上の人

副業20万円以上、所得には種類がある?

雅美
それで私の所得の種類って何?
直人
会社から給料や賞与を受け取ている人は給与所得だよ!
雅美
そうなんだ。

それで給与所得の他に所得はあるの?

直人
あるよ!例えば、アパートやマンション、そして、駐車場などを経営している人は、不動産所得になるんだよ。全部で10個の所得があるから頭に入れておく必要があるね。
雅美
じゃぁ、ここで質問します。

副業ってどんな所得になるんですか?

直人
何で急に生徒みたいになるんだよ・・・

副業は基本的に雑所得になるんだけど、事業所得と勘違いするから気を付けてね。

事業所得は「事業として認められて、継続的に商売をして得た所得のこと」。

そして9個の所得に該当しない所得が雑所得になるんだよ。

直人
それじゃぁ全部で10個のうち、よく使う所得を少しだけ説明するね。

所得にはどんなものがあるの?

  1. 給与所得  ・・・ 会社員やアルバイトが給料や賞与を会社から受け取った所得
  2. 事業所得  ・・・ 製造業、卸売業、小売業、サービス業、農業、その他事業から生じた所得
  3. 不動産所得 ・・・ アパート、マンション、駐車場といった不動産で生じた所得
  4. 譲渡所得  ・・・ 株の売買やFX取引などから生じた所得
  5. 雑所得   ・・・ 上記以外の事業から生じた所得

副業の所得は雑所得

会社員として給料をもらっている人は給与所得です。

その他に、副業を初めて収入を得たらそれは雑所得になります。

最近の副業の例で言うと、会社の勤務時間終了後に、「コンビニ等でアルバイト」「在宅ワーク(ライティングやプログラミングなど)を請け負う」「ハンドメイドの作品を作って販売する」など働き方は多種多様になっている時代です。

基本的には、副業を行っている人はアルバイトも在宅ワークも小売業も関係なく、本業以外での仕事で儲けたお金が20万円以上の人は課税されるので確定申告が必要です。

副業をする上での注意点!!

最近では、インターネットの普及により、在宅でも簡単に副業が出来るようになりました。

その中で、パソコンやスマホがあれば割と簡単に稼げる時代になっています。

人によっては遊びという感覚で商売を行い、税務申告を怠る可能性が非常に高いです。

収入が増えた事だけを喜んでいてはいけません。

税金を払わないのは法律違反なので、後から後悔しないように稼いだ分はきっちり税金を払いましょうね。

副業 20 万 以上の問題点とは何か?確定申告は必要かのまとめ

 

  • 税務申告上の知識として収入金額と所得金額をしっかりと把握したうえで副業を行う必要があります。
  • 確定申告は、所得金額20万円以上であれば申告義務があります。遊びで小遣い稼ぎをしていてもこのルールを守らないと厳しい罰則を科せられます。
  • 副業も商いです。所得金額20万円以上は課税されます。
  • 本業と副業の収入について、更には、青色申告と白色申告ではどのように違いがあるのか税金のシュミレーションを行い、副業をするのであれば、税務署へ青色申告承認の届出書と開業届を提出して節税対策を図って商売をする必要がある。

副業を20万円以上と言っても、場合によっては払わなくていいのは意外だったんじゃないでしょうか?

税金を払うのは国民の義務なので、後から痛い思いしないよう必要な金額はしっかり払いましょう。

私の記事を参考に、税金の知識を身につけた上で副業をして、豊かな生活を目指しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です