【入門】副業で動画編集をする方法とは?【初心者向け】

通信速度が現行4Gの20倍になるという無線通信システム「5G」が、2020年春にサービス開始となります。

それに伴い、ネット動画に関する市場が急激に拡大することが予測されます。

急成長が見込まれる動画市場では、どんな副業ができるのでしょうか?

直人
雅美の好きなアイドルがYouTube始めたらしいな。
雅美
そうなの。毎日チェックしてるわよ。

テレビでは見られないプライベートな雰囲気がいいのよね。

直人
そのYouTube動画ってさ、音楽が入ったり、いい感じにテロップが入ったりしているよね。

それってアイドル本人がやっていると思う?

雅美
どうかしら?でもそんなことをやっている暇はないと思うわ。
直人
そうだよね。その動画の編集をする副業が、今話題なんだ。
雅美
そうなんだ。動画編集って楽しそうね。
それじゃぁ、一緒に詳しく調べてみようか。

副業の動画編集をしてみたい、でもどうすればいいか分からない・・・

そんな方は、今回わたしが調べましたのでご紹介します。

副業で動画編集の仕事内容とは?

雅美
副業の動画編集ってYouTubeだけなの?
直人
YouTube以外にも、ウェディングムービーの作成や、企業のPR動画作成なんかもあるよ。
雅美
それってどれくらい稼げるものなのかしら?
動画編集の相場
  • ユーチューバーの動画編集 1本あたり3,000円~5,000円程度
  • ウェディングムービー 1本あたり10,000円程度
  • 企業案件 1本あたり数十万円程度~(内容による)
直人
企業案件だとすでに本業レベルだよね。
雅美
YouTubeの動画編集って、私みたいな初心者にもできるものなのかしら?
直人
すぐにはもちろん難しいけれど、ちゃんと勉強すれば動画編集スキルはだれでも身につけることができるよ。
雅美
そうなんだ、良かった。
直人
作業自体は覚えてしまえば簡単なんだ。

YouTubeの動画編集は、効果音や視聴者を楽しませる工夫が必要だからセンスが問われる副業とも言えるよ。

雅美
センスはまかせて。
毎日YouTubeを何時間も見て、相当研究しているから。
直人
それって研究って言えるのかなぁ・・・

初心者が副業で動画編集をするには?

雅美
具体的に何からすればいいのかしら?
直人
まずは編集ソフトを手に入れるところからだな。

無料ソフトもあるけれど、趣味ではなく副業として稼ごうと思うなら、有料のAdobe Premiere Proがオススメだよ。

ADOBE PREMIERE PRO 公式サイト

直人
ソフトを用意したら次は動画編集スキルの習得だな。
雅美
独学で好きなものを作りながら学ぶのもいいけれど、オンラインスクールYouTubeの解説動画で学ぶのがオススメなのね。
直人
基礎的な作業なら、しっかり時間を当てれば2ヵ月程度で十分なスキルが身につくよ。
雅美
基礎を身につけたらまずは実際に仕事を受けてみること、なのね。
直人
副業として仕事を受けながら、新しいスキルを身に着けて成長していくのが理想なんだ。

クラウドソーシングを利用すれば、仕事をしながらスキルアップもできるよ。

初心者が副業で動画編集をするには
  1. 専用ソフトを準備する
  2. 動画編集スキルを習得する
  3. 仕事を受ける

副業で動画編集の市場に参入すべき理由とは?

雅美
でも、どうして今、副業の動画編集が話題なのかしら。
直人
それは動画市場が、右肩上がりに成長しているからなんだ。
雅美
どういうこと?
直人
企業の動画への関心が年々高まっているんだよ。

企業の商品をPRしようとした場合、文章や写真よりも動画の方が圧倒的に情報量が多くなるからね

雅美
確かに、雑誌の広告よりもテレビCMの方が印象に残りやすいわ。
直人
ネットの記事にも広告が貼ってあるよね。

それを見て気が付いたことはない?

雅美
そういえば最近、ネット記事の広告が動画になっていることが多いわ。
直人
そうなんだ。
テレビのCMと違ってネットの動画広告には、企業側にとってものすごくメリットがあるんだ。
ネットの動画広告で得られるデータ
  • どれくらいの人が動画広告を見たか
  • どれくらいの人が自社サイトへ流入したか
  • そのうちどれくらいの人が購入に至ったか
雅美
企業はこのデータをリアルタイムで分析し、広告動画を改善することができるのね。
直人
テレビCMと違って、かけた広告費によって得られた効果が目に見えて分かるんだ。
雅美
企業の関心が高まっているのはそこなのね。
直人
そう、つまり、これまでテレビCMにかけていた莫大な広告費がネットの動画広告に流れてくるんだ。

企業がYouTubeに支払う広告費が、増えるとどうなると思う?

雅美
ユーチューバーが得る広告収入も上がるわ。
直人
そうなるとYouTubeに参入する人も増えるよね。

最近は芸能人もYouTubeに活動の場を広げているから、それだけこれからに期待されているんだ。

雅美
面白いチャンネルが増えれば、視聴者も増えるわ。
直人
そうなると、企業はさらに広告費をかけて動画広告を増やしてくるんだ。

つまり・・・

雅美
動画市場が拡大し続けているっているのはこういうことなのね。
直人
まもなくやってくる5Gの時代も、それを後押ししているよ。
雅美
直人って面白くないからユーチューバーは無理だと思うけど、動画編集ならきっと活躍できると思うわ。
直人
今さらっと言ったけど、地味に傷ついたぞ・・・。
面白くなくてすまんな。
雅美
ブツブツ言ってないで早く動画市場に参入しましょう。

副業の動画編集におけるメリットとは?

雅美
副業動画編集は、動画編集ソフトにお金もかかるし、勉強もしなきゃだしで、副業としては割と大変そうよね。
直人
だけどさ、副業の動画編集にはそれでもやるべきメリットがあるんだ。
雅美
どんなメリットがあるの?
副業で動画編集のメリット
  • ノートパソコンさえあれば、いつでもどこでも作業することができる。
  • 仕入れも原価も無いので、利益率が高いこと。
  • 在庫を持たないので、リスクが少ないこと。
  • 初期投資が少ないこと。(パソコン、動画編集ソフト、学習教材程度)
直人
特に、YouTube動画の編集からトライすることにはメリットがあるんだ。

雅美、何か分かる?

雅美
手軽に動画編集の経験を積むことが出来るってことね。
直人
正解!

企業案件だと高いスキルが必要になるけれど、ユーチューバーの動画編集は割と簡単なジャンルだと言えるよ。

雅美
企業案件だと敷居が高いけれど、YouTubeなら初心者でも挑戦しやすいわ。
直人
そう。動画市場の拡大で、企業が動画広告で参入を増やしてくると言ったよね。

でも、俺たち初心者が副業で狙うのはそこじゃないんだ。

企業の広告費が増えることで、それにより増えてくるユーチューバーの動画編集を請け負うんだ。

雅美
まずはそこから参入してみるのね。
直人
そういうこと。

そして経験を積んで、いずれは企業案件も狙えるようになれば、副業の域を超えてくるかもしれないね。

雅美
YouTubeを楽しみながら副収入も得られるなんて素敵だわ。
直人
それに、ユーチューバーには編集の癖やパターンがあって、気に入ればずっと同じ動画編集者に頼みたいという方が多いんだ。
雅美
安定して長く仕事を得ることができるってことね。
直人
そして、今のうちに実践として動画編集を学んでおくことで、そのスキルを本業に生かすことだってできるかもしれないぞ。
雅美
直人の会社も、企業動画に興味を持っているかもしれないものね。
直人
そう、本業の動画マーケティングで活躍できる可能性もあるよ。
雅美
それくらい、今、動画市場は注目されているのね。

私もこの美貌を生かしてYouTubeデビューしてみようかしら。

直人
俺、・・・雅美の動画編集はしないからな。
雅美
何よ、私が人気ユーチューバーになっても絶対に編集させてあげないんだから。

副業の動画編集におけるデメリットとは何!

雅美
副業の動画編集って、市場も拡大しているし期待できるわね。
直人
うん。でも、問題点もあるんだ。
雅美
えっ、どんなこと?
直人
とにかく作業時間がかかるってことなんだ。
雅美
YouTubeって10分くらいの動画が多いわよね。
それでもそんなに時間がかかるの?
直人
10分程度の動画を編集するにも数時間はかかるんだ。

凝った演出をすれば、半日程度かかることだってある。

雅美
1本3,000円程度で仕事を受けたとして、作業に3時間かかったら時給は1,000円ってことね・・・
直人
慣れてくれば早くできるようになるかもしれないけれど、それでも限界があるよ。
雅美
副業でするとなると、1日1~2本が限界かしら。
直人
そうだね。しかも、経験が少ない初心者のうちは、単価の低い仕事から始めることになるよ。

だから、稼げるようになるまでは少し時間がかかるかもしれないな。

雅美
そういう理由もあって、参入する人も少ないのかもしれないわね。
直人
そうなんだ。逆に言うと、動画市場が成長し続けているのに、動画編集者の供給が追いついていないってことになるよね。
雅美
ということは、今のうちに始めておけば将来的に有利になりそうね。
直人
簡単な案件から受注して、クリエイターとしてスキルアップしていけば受ける仕事の単価も上がっていくよ。
雅美
受けられる仕事の本数には限界があるけれど、単価が上がれば高収入も目指せるわね。

副業で動画編集を受注するための方法とは?

雅美
動画編集に市場価値やメリットがあることは良く分かったんだけど、そもそもどうやって仕事をとるの?
直人
まずは案件の取得からだよな。

俺たちに動画編集を依頼してくれるクライアントは、ユーチューバー企業ということになるよ。

雅美
仕事を依頼してくれるユーチューバーを見つけるにはどうしたらいいのかしら?
直人
それは、単純だけどYouTubeを見ることだな。

ユーチューバーに動画編集者として選ばれるには、これまでに出している動画のテイストを再現できることが大切になるよ。

とにかく動画をよく見て「私はあなたの動画を再現することができます。私に編集をさせてもらえませんか?」と交渉をしてみるんだ。

雅美
大きな事務所に入っているようなユーチューバーは事務所専属の編集者がいると思うわ。

でも、個人で活動しはじめた人だったら編集者を探しているかもしれないわね。

直人
Twitterやブログなどで影響力のあるインフルエンサーでも、YouTubeは始めたばかりという人がどんどん出てくるからチャンスはあるよ。

実際にチャンネル内で動画編集者を募集していることもあるからね。

雅美
初めは自信がないかもしれないけれど、行動あるのみ。

しっかり基礎を身に着けて、まずは挑戦ね。

直人
さすが雅美!

誰でもみんな最初は初心者なんだしね。

雅美
ところで企業の案件は、どうやって取得するのかしら?
企業案件の主な内容
  • 企業PR・紹介動画
  • 社内研修用の動画
  • SNS用の動画広告
  • 店舗前ディスプレイ広告動画
  • レセプションパーティ用の動画など
直人
企業の案件はクラウドソーシングで取得する方法が中心になるよ。

実績がない初心者の時期は、案件獲得に積極的に動く必要があります。

アルバイトでも、仕事でも、はじめのうちが一番大変ですよね。

そこをしっかり乗り越えて安定的な収入を得られるよう、まずは行動してみることが大切です。

また、SNS・ブログ・YouTubeなどで自分の実績や経験をアウトプットしていきましょう。

経験を積み、実力がついてくれば、自ら営業をしなくてもそれらを通じて集客ができる可能性があります。

これらのアウトプットは、初心者のうちからでもすぐに始めるべきです。

初心者には初心者なりの「伝えられること」があるからです。

これから動画編集を始めようと思っている人たちにとっては、あなたの軌跡が道しるべになるのです。

直人
基本に戻るけど、企業はどういう目的があって動画市場に参入しているか分かる?
雅美
自社をPRして、知名度を高めて、商品を売るため。
かな?
直人
そう。それを踏まえてイメージしてほしいんだけどさ。

動画編集の実力が同じ二人がいたとするよ。

  • 一人は特に何もしていない。
  • もう一人は、持っている知識や経験を発信して、自分自身をブランディングしている。

企業はどちらを選ぶと思う?

雅美
発信力のある動画編集者を選ぶわね。
直人
つまり、付加価値なんだ。

良い動画を作ってくれるのは基本中の基本。

企業が選ぶのは、知名度を上げるためにはどう発信していくべきなのかを、自身のブランディングを通じて知っている動画編集者ということになる。

企業と仕事をしていくには、そういうことも大切なんだよね。

雅美
初心者のうちは小さな案件からコツコツと経験を積み、いずれは影響力のあるクリエイターになっていく。

すごくやりがいが湧いてくるし、夢があるわ。

直人
まずは小さく始めるんだ。

それをコツコツと積み重ねて行くことが大事だよ。

雅美
直人もたまにはいいこと言うのね。
見直しちゃった。