【解決】マイナンバー 副業 抜け道!会社にバレない理由とは?

マイナンバーカードが導入されました。

そのことにより、会社に隠れて副業していた人は、バレないか心配になっています。

それでは、マイナンバーカードは会社にどこまでの情報を、開示するのでしょうか?

制度導入の影響はあるのでしょうか?

雅美
最近、日本政府が副業を推進するようなこと言っているわね。私も何かしてみようかしら。
直人
それはいい考えだね。何か具体的な案を考えるのも大事だけど、ところで雅美の会社は副業を解禁しているんだっけ?
雅美
えっ、政府が言っているんだから、大丈夫なんじゃないの?
直人
確かに政府はその方向性だけど、各会社ごとに社内規則を定めているからね。]

まずはそれを確認した方がいいだろうね。

あとは副業解禁ではなくても、会社にバレなくする方法を使えばいいよ。

参考記事:副業禁止で生活できない、バレずに副業する方法はある?

雅美
どんな方法があるの?
直人
会社ばれリスクは、住民税納付額からバレるというのが有名だね。

会社勤務の場合は、一般的には勤務先で給与天引きによって支払われていて(特別徴収)、副業分の収入があると納税額が増えるから、人事部から指摘を受けるというやつだね。

雅美
確かに私も聞いたことがあるわ。

バレないためには、個人で直接納税する方法を選択すればいいのよね。

副業の税金のことに関する参考記事:副業 20 万 以上の問題点とは何か?確定申告は必要か?

直人
その通り。確定申告の際に、自分で納付を選択すれば副業分の収入分については、会社にバレようがないよね。

あと住民税以外の話だとね、最近はマイナンバーカード制度導入によってバレる可能性があるのでは?と気にする人もいるんだ!

俺も気になるから、そのことについて調べてみるよ。

マイナンバーカード制度
国民全員に、12桁の番号を割り当て、個人を識別しやすくすることが目的。導入の背景は、2007年に発覚した消えた年金問題。社会保険庁が年金管理を正しく行っておらず、5,000万件も持分不明の年金が発覚してしまった。このような問題が起きないよう、改善策の一環として考案されたのが、マイナンバー制度である。

マイナンバーカード制度が導入されると、勤務先に自身のマイナンバーを伝えることが必要となります。

そして、マイナンバーカードには、社会保障・税金の納付状況などの情報が含まれているので、マイナンバーを会社が知ることで自分の所得がバレてしまうのではないか?という議論が起きているのです。

今回、私がマイナンバー制度は副業の抜け道があるのか?などについて調べたことをお伝えします。

マイ ナンバー 副業 抜け道!マイナンバーカード制度導入=副業がバレるではない

雅美
マイナンバー導入で、バレてしまうリスクが高まるだけなの?それともすぐにバレてしまうの?
直人
結論はバレないね!確かに、勤務先にマイナンバーを提示することにはなるんだけれども、その使用方法には大きな制限がかけられているんだ!

現在のところ、会社にマイナンバーの利用が許されているのは、社会保障、税に関する手続書類の作成事務のみなんだよ。

マイナンバー制度は副業の有無や、その収入額を開示させる制度ではない

マイナンバーカードの主な利用は以下の通り。

①毎年6月、児童手当の現状把握のために、市区町村へ提出

②厚生年金の裁定請求の際、年金事務所へ提示

③法定調書作成時のために、証券会社や保険会社へ提示

④勤務先へ提示し、源泉徴収票等の記載に用いる

勤務先の使用は④の場合だが、この際に副業の内容や収入を開示することにはならない。

マイ ナンバー 副業 抜け道!会社にバレはしないけれども、税務当局には注意!!

雅美
マイナンバーからは副業していることはわからないわね。ひとまず安心ね。
直人
そうなんだよ、会社からはバレようがないんだ。

一つ注意するとしたら、税務当局へしっかり副業の報告が必要になってくることかな。

雅美
どういうこと?
直人
今までは、個人の所得の正確な把握が、実は現実的には手間がかかりすぎて難しかったんだよ。

しかし、マイナンバーカード制度が導入されたから、個人の所得が番号に紐ついて簡単に調べられるようになるんだ。

雅美
確かにそうね。だから、「副業は趣味の延長だし、小遣い稼ぎ程度だから大丈夫。」と考えて、確定申告が必要にもかかわらずしてこなかった人たちは、税務当局から指摘を受ける可能性があるわけね。
直人
そういうことになるね。副業する以上は、しっかりと納税しないといけないよ。

また今後、細かい制度の運営は変わるかもしれないから、常に動向は把握しておこう!!

【解決】マイナンバー 副業 抜け道!会社にバレない理由とは?のまとめ

 

  • マイナンバーカード制度の導入によって、自動的に副業がバレることはない
  • マイナンバーカード制度の導入により、税務当局が個人の所得を正確に把握できるようになった
  • これまで確定申告が必要だったにもかかわらず、自己判断で実施してこなかった人々へは、税務当局からの指摘が入る可能性があるので注意!!
  • 副業でも、必要に応じて確定申告を行う必要あり。その際、会社バレを避けるためには、住民税の徴収方法を「自分で納付する」にしよう
雅美
直人が調べてくれたおかげで良く分かったわ。

副業禁止の私の会社でも副業を始められるから、さっそく同僚の涼子にも教えてあげるわ。

直人
・・・そうやって同僚に話すところから、噂が広まって会社にバレることもあるんだよ!

副業をしていることを会社に知られたくないのであれば、法律や制度面に注意することももちろん必要だけど、話す相手にも注意しないとね。

現状では、マイナンバーカード制度が導入されたことだけで、「直接会社から副業を行っているのでは?」と疑われることはありません。

ただし、マイナンバー制度が変わっていく可能性はゼロとは断言できませんので、今後も制度の動向には注視しましょう。

今回の私の記事を参考に、副業を安心して行って頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です